2011年05月29日

2011年3月11日東京

3月11日に日本を襲った東日本大震災以降、このブログに何も記しませんでした。

周囲の素晴らしい連帯感、皆の再建築に対する熱意、改めて働く事、日常を取り戻す事、エネルギー政策の見直しや他にも様々なこと。
この様に賢明で責任感があり、果断に運命を制御する国に将来的な信頼を置くと共に、受け入れてもらっていることを幸せに感じています。
日本国民は世界中にの人々に絶えず尊敬の念を抱かせ、愛情を生み、感嘆させているのです。

震災の被災者の方々にお見舞い申し上げ、犠牲となられた方々に心から哀悼の意を表します。
私が代表を務めますアンサンブル室町は2011年7月25日(月)、サントリーホールブルーローズに於いて次公演「元素」を開催するにあたり、本公演のチケット収益の一部を東日本大震災に寄付させて頂くことにしました。

今後、より一層人間的な将来、生物的に自然体で、様々な教訓を自覚し、残したいと願うことを未来の世代に相続出来る様に祈っています。

以下、本年1月4日東京文化会館に於いて開催しましたアンサンブル室町の公演「ポール・クローデルの百扇帖2」の写真を掲載します。
これらの写真が、私たちの愛する人々の混乱と辛い現状を少しでも和らげることができることを願っています。
それこそが芸術、そして音楽の力であり、望みでもあると思うのです。
ローラン・テシュネ


2011_muromachi001.jpg

2011_muromachi002.jpg

2011_muromachi003.jpg

2011_muromachi004.jpg

2011_muromachi005.jpg



____________________




LE 11 MARS 2011, TOKYO.


Depuis toutes les catastrophes du 11 mars dernier qui ont si durement touché le Japon je n’avais rien écrit ici.

L’extraordinaire solidarité ambiante, le courage de tous pour re-construire, re-travailler,
reprendre vie, revoir la politique énergetique et tant d’autres choses liées au court et au long terme
m’ont communiqué foi en l’avenir et bonheur d’être dans un pays d’accueil si responsable,si sage et si résolu à maitriser son destin.

La population japonaise ne cesse en effet, et dans le monde entier, d’inspirer respect, amour et admiration.

L’Ensemble Muromachi, qui donnera son prochain spectacle le 25 juillet au Blue Rose du Suntory hall de Tokyo,
contribuera financièrement à cette solidarité et prie de toute son âme pour les disparus, pour tous ces gens qui
ont tant perdu, pour un avenir proche et lointain plus humain, plus naturellement biologique et conscient
du message et de l’héritage que nous souhaitons tous transmettre à nos futures générations.

Que ces quelques photos, témoignant de notre spectacle du 4 janvier dernier au Tokyo Bunka Kaikan,
contribuent à adoucir la dureté de la vie quotidienne, la pauvreté et le désarroi de tant de gens que nous aimons.
Telles sont aussi la force et l’ambition de l’art et de la musique.

Laurent Teycheney
posted by LT at 19:29| 賛辞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

類まれな芸術家 夏田昌和

Natsuda_1.jpg

音楽家、作曲家として、そして主に指揮者として、国際的にも有名な夏田氏は、自由な人間であり、会う者には光栄で幸福な気持ちを与えずにはおかないような、賞賛と尊敬の念を抱かせる人物です。

1968年東京生まれ。東京芸術大学において、作曲を近藤譲、永冨正之、野田暉行に、指揮を秋山和慶の各氏に師事。パリ国立高等音楽院において、作曲をGérard Grisey 、指揮をJean-Sébastien Béreauの各氏に師事し、首席一等賞を得て卒業。

安宅賞(1989)、日本音楽コンクール第3位(1991)、新交響楽団作品公募第1席入選(1991)、出光音楽賞(1992)、Goffredo Petrassi 国際作曲コンクール審査員特別表彰(1997)、Fundaçao Oriente 国際指揮者コンクール第3位(1997)、芥川作曲賞など、多くの賞を受賞。

作品は、Dutch Radio Symphony Orchestra、Ensemble 2e2m、Ensemble Intercontemporain、NHK交響楽団アンサンブル、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、岩井宏之、キム・ホンジェ、ポール・メファーノ、パスカル・ロフェ、ジャック・ファン・スティーン、十束 尚宏らの指揮と、偉大な演奏家:クロード・ドラングル(サキソフォン)、アントワーヌ・キュレ(トランペット)、藤本隆文(打楽器)によって、演奏されている。
新交響楽団、Ensemble Contemporary α、Ensemble Vivoの指揮に携わり、グリゼイ、スティーブ・ライヒ、レジス・カンポらの作品を初演。

作品リスト(一部)

オーケストラ作品
オーボエとオーケストラのための「Morphogenesis」1991、 ヴァイオリンとオーケストラのための「The String of Life」1993、「Soliton」1995、「Megalithic Waves」1997(以上室内オーケストラ作品)、「Astration – in memoriam Gérard Grisey」(オーケストラ作品)2001、「Tableau avec Ré, Fa, La」(室内オーケストラ作品)2002、オーケストラのための「重力波」2004

室内音楽作品
「Rapprochement」(フルート、オーボエ、2ヴァイオリン、2ヴィオラ、ピアノ)1991、「Quatre Prismes dans l’Espace」(12 トランペット, 3 打楽器)1991、「Sous un ciel étoile, près de l’eau」(2 ヴァイオリン、ピアノ、2打楽器)1992、「Divergence」(フルート、クラリネット、ヴァイオリン、チェロ、ピアノ) 1994、「Trois Dessins」 (トロンボーン、ハープ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、打楽器)1995、「West, or Evening Song in Autumn」(ソプラノサックス、打楽器)1996、 「Gallop」(フルート、ピアノ)1996、 (フルート、クラリネット、ヴァイオリン、ピアノ版)1999、「Motet de l’aube, hommage à Guillaume de Machaut」(バス・クラリネット、コントラファゴット、3ヴァイオリン、打楽器)1998、 「Les chants préhistoriques I」(ヴァイオリン)1999、「Scherzo pour Trio Trichronochrome」(ホルン、ヴァイオリン、ピアノ)1999、 「Rencontre」(フルート、ヴァイオリン、打楽器)2000、「Les chants préhistoriques II」(ヴァイオリン)(2000)、「Equatorial Song」(フルート、プリペアード・ピアノ)(2000)「Stumbling Drums in Savanna」(打楽器)2001、「Falling」(フルート、クラリネット、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、ピアノ)2002、良寛による二つの詩(メゾソプラノ、サキソフォン、打楽器)2005、 ヴィブラフォンとチェンバロのための「Inégal」2006、Perpetuum mobile (in a Zigzag) (ヴィブラフォン、チェンバロ)2008

ピアノ作品
「Flux et Reflux」1994、 「Flots, ‘Dan-no-ura’」1997

オルガン作品
「Parcours entre Vitraux et Absidioles」1993、「Electro-Spiral,‘The Ladder of Life’」(電子オルガン)1993、「Gameraphony, 2」(電子オルガン)1998


____________________


Natsuda_2.jpg

Masakazu Natsuda est un artiste d’exception.

Musicien-compositeur et chef d’orchestre essentiellement- de renommée internationale, il est aussi un homme libre qui inspire l’admiration et le respect de tous ceux qui ont l’honneur et le bonheur de le connaître.

Né en 1968 à Tokyo, ses principaux maîtres furent: en composition Jo Kondo, Masayuki Nagatomi et Teruyuki Noda a l’Université nationale des Beaux-Arts et de la Musique de Tokyo, Kazuyoshi Akiyama pour la direction d’orchestre, puis en France Gérard Grisey pour la composition et Jean-Sebastien Béreau pour la direction d’orchestre, au Conservatoire national superieur de Musique et de Danse de Paris ou il obtint des Premiers Prix très remarqués.

Il fut aussi lauréat de très nombreuses distinctions: Prix Ataka (1989), Prix de la Japan Music Compétition (1991), Prix de la Shin-Kyo Compétition (1991), Prix Idemitsu (1992), mention speciale à la Goffredo Petrassi Compétition (1997), Prix à la Fundacao Oriente International Young Conductors Competition(1997), Prix Akutagawa (2002), etc.

Ses oeuvres sont jouées dans le monde entier par les plus grandes formations: l’Ensemble 2e2m, le Dutch Radio Symphony Orchestra, l’Ensemble Intercontemporain, le NHK Symphony Orchestra Ensemble, le Tokyo City Philarmonic, dirigés par Hiroyuki Iwaki, Hong-je Kim, Paul Mefano, Pascal Rophe, Jac van Steen, Naohiro Totsuka, et par les plus grands interprètes: Claude Delangle (saxophone), Antoine Curé (trompette), Takafumi Fujimoto (percussion),

Chef d’orchestre du New Symphony Orchestra of Tokyo, du Contemporary Ensemble Alpha et de l’Ensemble Vivo notamment, il a crée de nombreuses oeuvres de Gérard
Grisey, Steve Reich, Regis Campo

Liste (non exhaustive) de ses oeuvres:

Pour Orchestre: Morphogenesis, oboe, orchestra, 1991; The String of Life, violin, orchestra, 1993; Soliton, small orchestra, 1995; Megalithic Waves, small orchestra, 1997; Astration – in memoriam Gérard Grisey, 2001; Tableau avec Ré, Fa, La, small orchestra, 2002; Gravity Wave, 2004
De Musique de Chambre: Rapprochement, flute, oboe, 2 violins, 2 violas, piano, 1991; Quatre Prismes dans l’Espace, 12 trumpets, 3 percussion, 1991; Sous un ciel étoile, près de l’eau, 2 violins, piano, 2 percussion, 1992; Divergence, flute, clarinet, violin, cello, piano, 1994; Trois Dessins, trombone, harp, violin, viola, cello, percussion, 1995; West, or Evening Song in Autumn, soprano saxophone, percussion, 1996; Gallop, flute, piano, 1996 (also version for flute, clarinet, violin, piano, 1999); Motet de l’aube, hommage à Guillaume de Machaut, bass clarinet, contrabassoon, 3 violins, percussion, 1998; Les chants préhistoriques I, violin, 1999; Scherzo pour Trio Trichronochrome, French horn, violin, piano, 1999; Rencontre, flute, violin, percussion, 2000; Les chants préhistoriques II, violin, 2000; Equatorial Song, flute, prepared piano, 2000; Stumbling Drums in Savanna, percussion, 2001; Falling, flute, clarinet, violin, viola, cello, piano, 2002; Deux poèmes de Ryokan, voix, saxophone, percussion, 2005 ; Inégal for vibraphone and harpsichord, 2006; Perpetuum mobile (in a Zigzag) vibraphone, harpsichord, 2008

Pour Piano: Flux et Reflux, 1994; Flots, ‘Dan-no-ura’, 1997
Pour Orgue: Parcours entre Vitraux et Absidioles, 1993; Electro-Spiral, ‘The Ladder of Life’, electronic organ, 1993; Gameraphony, 2 electronic organs, 1998
posted by LT at 15:11| 賛辞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

ピナ・バウシュ/マース・カニングハム/マイケル・ジャクソン

奇妙にして残酷なことに、「クラシックの」とされる音楽家というものは、音楽作品をベストを尽くして奏でたり、造りだしているのですが、幅広く、あらゆる階級、あらゆる分野の聴衆とそれを分かち合うには力が足りないのでは、と感じたりすることがあります。

再確認しておかないといけないことは、音楽は、人類が生まれて以来、それを取り巻く個々の生活、部族そして社会の中心にあるといってもよい、ということです。
不可視なもの/死者/あの世との特別な関係にあることからわかるように、魔術、権力、宗教の近い関係にある音楽は、当然、瞑想や快楽や集団的・個人的なトランス状態とも関わってくるものなのです。つまり、音楽は本質的にすべての人にアクセス可能なものだということです。

Cunningham.jpg


他のジャンルの芸術(舞踏、演劇、美術)と同じように、音楽は上流階級やブルジョワ、教会といった支配的階級の人たちに「回収」されてしまったのではないかと思われるかもしれません。しかし、音楽を実践することがお金のかかるものになってしまったことや、音楽言語が極端に「エリート主義的」だとされる一方で、アーティストは、そのスポンサーの出所にかかわらず、絶えず進化する豊かな職人的精神で、音楽が他人のためになるように自らの創造性を与えながら、自由で居続けることを常に誇りにしてきました。

こうしたことを考えるにつけても、この2009年の夏にこの世を去った三人の類まれなアーティスト、ピナ・バウシュ、マース・カニングハム、マイケル・ジャクソンらの人生とその人間的でアーティスティックな活動に、私たちは心の底から感嘆し、そして早くもノスタルジックになってしまうばかりですが、愛と献身と共有のセンスをもってあらゆる階層・出身・世代の人々を集めることができたのは、彼らの大いなる才能のなせる業でした。

pina.jpg


そこで、「Youtube」や「Dailymotion」などのように、彼らのアーティスティックな表現の一端を伝えることを常時可能にしたインターネットの驚異の教育的インパクトを認めないわけにはいかないでしょう。

ピナ・バウシュの芸術の絶えず押し寄せる愛に抗えるでしょうか?
Pina Bausch - Parle avec elle
http://www.dailymotion.com/video/x4fjmt_orphee-et-eurydice-pina-bausch_music
Pina Bausch


20世紀のもっとも偉大な魔術師の一人の魅力の前に屈せずにはいられるでしょうか?
Merce Cunningham - Pond way
John Cage Merce Cunningham

マイケル・ジャクソンの踏んだステップを目にして感動せずにはいられますか?
Michael Jackson - Jackson's 5 - I want you back

こうしたアーカイブを通して得られる幸せが、ヒューマニズムと芸術と威厳のある政治を求めるこの世界を変えるために必要なエネルギーを、どれほど私たちに与えてくれることでしょう!

____________________


PINA BAUSCH / MERCE CUNNINGHAM / MICHAEL JACKSON

Musiciens, curieusement et cruellement dits "classiques", nous nous sentons parfois impuissants à partager avec un public véritablement large ( de toutes classes sociales /de tous horizons) le répertoire musical que nous jouons et créons du meilleur de nous-mêmes.

La Musique est, faut-il le rappeler, dès l'origine des civilisations au centre même de la vie de l'individu, de la Tribu, de la Société qui l'entourent. Proche de la Magie, du Pouvoir, de la Religion de par sa relation privilegiée avec l'invisible/les morts/l'au-delà, elle porte naturellement à la Méditation, à la Jouissance, à la Transe collective et individuelle, elle est donc par essence accessible à tous.

Si, comme les autres disciplines artistiques (Danse, Théâtre, Beaux-Arts etc) elle
peut sembler avoir été quelquefois "récupérée" par les classes dirigeantes: Aristocratie,
Bourgeoisie, Eglise et autres, tandis que sa pratique devenait coûteuse et que son langage pouvait parfois paraître "élitiste" à outrance, l'artiste, lui, et quelle que soit l'origine de ses "sponsors", s'est toujours fait un honneur de rester libre en donnant de sa propre créativité, pour la mettre au service de l'autre dans un esprit généreux d'artisan en perpétuelle évolution.

La vie, l'action humaine et artistique de Pina Bausch, de Merce Cunningham, de Michael Jackson pour ne parler que de ces trois extraordinaires artistes disparus en cet été 2009, ne peuvent de ce point de vue que nous rendre cordialement admiratifs et déjà nostalgiques, leur immense talent ayant réuni tant de gens de toutes conditions, de toutes origines, de toutes générations avec un sens du partage, de don de soi, d'amour.

Il faut reconnaître là encore l'impact pédagogique inouï de l'internet qui rend à tout instant possible une certaine transmission de leur expression artistique, que ce soit sur Youtube, Dailymotion ou autres:

comment ne pas résister aux perpétuels assauts d'amour dans l'Art de Pina Bausch
Pina Bausch - Parle avec elle
http://www.dailymotion.com/video/x4fjmt_orphee-et-eurydice-pina-bausch_music
Pina Bausch

comment ne pas tomber sous le charme de l'un des plus grands magiciens du XXe
siècle
Merce Cunningham - Pond way
John Cage Merce Cunningham

comment ne pas (ré)visionner les premiers pas de Michael Jackson avec émotion
Michael Jackson - Jackson's 5 - I want you back

Que le Bonheur procuré par ces archives exceptionnelles nous donne toute l'énergie nécessaire à changer notre Monde en quête d'Humanisme, d'Art et de Politique digne !
posted by LT at 01:03| 賛辞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

ユネスコ平和祈念コンサート/Concert pour la Paix (UNESCO)

■ 2007年4月 ユネスコ平和祈念コンサート/パリ

このたび東京芸術大学付属高校(通称・芸高)オーケストラの、初の海外演奏旅行が行われました。4月23日と25日の両日、パリでの二公演の開催となり、マエストロ尾高忠明氏の輝かしい指揮の下、バッハ、レスピーギ、ドヴォルザークの作品が演奏されました。

芸大名誉教授の平山郁夫氏の主導で、彼の後任である宮田亮平氏をはじめ、渡邊健二、粕谷美智子、川井學、野田暉行各氏の協力の下でのこの素晴らしいプロジェクトでは、スタンディング・オベーションを受けるほどの演奏会の大成功をはじめ、ユネスコ(近藤誠一氏)によって打ち出された人間的・人文主義的な目標、アラン・ポワリエ、グレッチェン・アミュッセン両氏とパリ国立高等音楽院の協力、大変あたたかく私どもを迎えてくださった日本文化会館の中川正輝氏、それからNHKの立合いなども得て、期待された以上の成果をあげることができました。これをひとことで言うならば、あらゆる方面において大成功だったということでしょう。そしてこうした成功が、今後の私どもの芸術表現の展望への励みとなるのです。我が学生たちの才能と努力がまさしく現実にそこにあり、それらが将来を期待されるものであるように、そうした芸術表現は、昔と変わらず美しく、来るべき世代において、質と深みをもって受け継がれていくことでしょう。

 この二つの演奏会のほかに、芸高生たちは、エルヴェ・ブトリ、ヴェロニク・ブランド、ジャン・ラデル各氏のご好意により、スザンナ・マルキ氏の指揮によるアンサンブル・アンテルコンタンポランのリハーサルを見学することができました。ここではとくに、芸高卒業生である永野英樹氏をはじめ、Hae-Sun Kang、クリストフ・デジャルダン各氏との出会いのよい機会ともなりました。さらに、あちこちで(パリのノートルダム大聖堂、オペラ・ガルニエ、シテ・ド・ラ・ミュジークの楽器博物館、ヴェルサイユ宮殿、シャンゼリゼなど)イル・ド・フランスに漂う香りを吸い込むこともできました。

これらすべてのことが実現いたしましたのも、木部敏司、高橋裕、岡真知子各氏をはじめ、芸高生75名と教師5名(大平記子、安冨洋、沼田宏行、岡崎麻衣、それから私)の留守の間も、学校の業務を滞りなく取り仕切ってくださった職員のみなさまの、力強く、寛大で、そして意欲あふれるお心遣いをいただけたおかげです。

芸高大好き!

____________________


Concerts pour la Paix à Paris, UNESCO, avril 2007
L’orchestre du Lycée affilié à l’Université Nationale des Beaux-Arts et de la Musique de Tokyo, nommé plus familièrement « Geiko » vient d’effectuer sa première tournée à l’étranger en se produisant à Paris : les 23 et 25 avril 2007, sous la baguette du resplendissant Maestro Tadaaki Otaka, dans des oeuvres de Bach, Respighi et Dvorak.

Ce beau projet, initié par Ikuo Hirayama, Président honoraire de Tokyo Geidai, soutenu par Ryohei Miyata son successeur, Kenji Watanabe, Michiko Kasuya, Manabu Kawai et Teruyuki Noda eut plus que tous les fruits escomptés : énorme succès des concerts (jusqu’à la « standing ovation »), but humaniste et humanitaire mis en valeur par l’U.N.E.S.C.O, Masashi Akiba et Seiichi Kondo, collaboration cordialement amicale avec Alain Poirier, Gretchen Amussen et le C.N.S.M.D.P, accueil très chaleureux de la Maison de la Culture du Japon et de Masateru Nakagawa, présence de la NHK bref, énorme succès tous azimuts, qui nous conforte dans notre vision de l’expression artistique de demain : elle sera aussi belle que par le passé et transmise avec qualité et profondeur aux générations à venir, tant le talent et le don de soi de nos jeunes étudiants est là bien réel et très prometteur pour l’avenir.

Hormis ces deux concerts, nos lycéens ont assisté à une répétition de l’Ensemble Intercontemporain, dirigé par Susanna Malkki, grâce à Hervé Boutry, Véronique Brindeau et Jean Radel – belle occasion de retrouver Hideki Nagano(ancien lycéen de Geiko !), Hae-Sun Kang, Christophe Desjardin entre autres, puis ont humé ça et là les parfums qui tournent en Île-de-France : Notre Dame de Paris / Opéra Garnier/ Musée de la Musique (Cité de la Musique)/ Château de Versailles/ Champs-Elysées....

Tout cela a pu se réaliser grâce à une volonté collective forte et généreuse, Toshiji Kibe, Yutaka Takahashi, Machiko Oka et leur collègues assurant le fonctionnement de Geiko durant l’absense de 75 de ses lycéens et de 5 de ses professeurs : Noriko Ohdaira, You Yasutomi, Hiroyuki Numata, Mai Okazaki et....votre serviteur de conclure ici :

J’aime Geiko !

____________________


UNESCO03.jpg.jpg


UNESCOプログラム

UNESCO01.jpg


UNESCO02.jpg
posted by LT at 00:50| 賛辞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

ベッツィー・ジョラス / Betsy Jolas

2006年7月、作曲家ベッツィー・ジョラス女史の初来日となりました。7月12日には東京の津田ホールにて、演奏会が開催され、「ヴァントゥー山への登頂」が演奏されました。この素晴らしい演奏会の模様を収めたビデオは東京日仏学院の図書館で見ることができます。

 7月13日には桐朋学園大学にて、女史による講義と作品数曲が演奏され〔演奏者は永井由比(フルート)、鷹羽弘晃(ピアノ)、吉川真澄(ソプラノ)、浅井謙(ピアノ)、須関裕子(ピアノ)、山田幹子(チェロ)、依田真宣(バイオリン)〕、作曲者自身による解説が行われました。また若い作曲家二名(平井和音と中本芽久美)の作品演奏と〔演奏者は十文字真名子、増島知子(バイオリン)、岡部恵理(チェロ)、小川園加(チェンバロ)、高木真悠子(ビオラ)、田中紗綾子(ソプラノ)、田沢蓉子(イングリッシュホルン)〕、その作品についての公開レッスンも行われました。

80歳を迎えたベッツィー・ジョラス女史の輝かしい存在感、村岡有氏のすばらしい通訳、安良岡章夫先生の暖かい歓迎の言葉、先に挙げた演奏家や作曲家たちの大きな才能、学生たち以外にも、ご参加くださった先生方や芸術家:別宮貞夫、増本伎共子、篠崎史子・和子、金子仁美、夏田昌和、佐藤公一郎、成田和子、早島万紀子、法倉雅紀、藤井一興、各氏をはじめ、好意と熱心さをもって参加してくださった観客の皆さま、すべてが一緒になって、期待通りの魔法のような夕べとなりました。この日は必ずや私たちの心の中に刻み込まれ、残ることでしょう。
 
この機会に参加することのできなかった皆さまにも、分かち合っていただけるように、こちらには当日撮影されたビデオの抜粋を掲載いたします。全編は桐朋学園の図書館にて参照いただけます。

____________________


Betsy Jolas est venue, au mois de juillet 2006, pour la première fois « professionnellement » au Japon : pour un concert à la salle Tsuda de Tokyo (12 juillet) consacrant son oeuvre « L’ Ascension du Mont Ventoux » , magnifique concert dont la vidéo est consultable à la bibliothèque de l’Institut franco japonais de Tokyo.

Puis, le 13 juillet, c’est à l’Université musicale Toho Gakuen qu’elle assura une conférence, les commentaires de quelques-unes des ses oeuvres jouées en concert par Yui Nagai(flûte), Hiroaki Takaha(piano), Masumi Yoshikawa(soprano), Ken Asai et Hiroko Suseki (piano), Mikiko Yamada(violoncelle) et Masanobu Yoda(violon),
ainsi qu’une master-class publique de composition consacrée aux oeuvres de deux jeunes compositrices : Kazune Hirai et Megumi Nakamoto, oeuvres interprétées par Manako Jyumonji et Tomoko Masujima (violons), Eri Okabe(violoncelle), Sonoka Ogawa(clavecin), Mayuko Takagi(alto), Sayako Tanaka(soprano) et Yoko Tazawa(cor anglais).

La présence rayonnante de Betsy Jolas- qui fêtait ses 80 ans!- ses propos merveilleusement traduits par Yu Muraoka, le message d’accueil chaleureux de Akio Yasuraoka, le grand talent des interprètes et compositrices précédemment cités, la présence amicale et attentive du public venu très nombreux (hormis des étudiants, de nombreux professeurs et artistes : Sadao Bekku, Kikuko Massumoto, Ayako et Kazuko Shinozaki, Hitomi Kaneko, Masakazu Natsuda, Koichiro Satoh, Kazuko Narita, Makiko Hayashima, Massaki Norikura, Kazuoki Fujii etc.)
ont fait l’alchimie escomptée de cette soirée qui restera sans aucun doute gravée dans nos coeurs et nos esprits.

Afin de partager aussi avec ceux qui n’ont eu la chance d’être présents à ce grand moment, voici quelques extraits de la vidéo prise, vidéo intégralement consultable à la bibliothèque de Toho Gakuen.

____________________


VIDEO 01
VIDEO 02
VIDEO 03
VIDEO 04
VIDEO 05
VIDEO 06
VIDEO 07
VIDEO 08
VIDEO 09
VIDEO 10
VIDEO 11

※ 映像を再生するにはDivXコーデックが必要となります。下記のアドレスよりインストールして下さい。

DivX 無料版

____________________


Betsy Jolas プログラム(pdf)

profile.jpg


profile2.jpg


concert.jpg


concert2.jpg


prospectusjp.jpg


prospectusfr.jpg

more
posted by LT at 02:25| 賛辞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月31日

ダニエル・バレンボイム

音楽、平和への前奏曲

ウェスト=イースタン・ダイヴァン・オーケストラ(West–Eastern Divan Orchestra、以下WEDO)は人道主義的な理想に基づくものです。それは、エドワード・サイードの生涯において、そして私の人生においても欠かすことのできない重要なものとなりました。私たちが共にした理想は、このオーケストラのおかげで生き続けています。私たちの行動が世界を変えることはないかもしれないけれど、それは前進する一歩になります。それは終わることのない対話であり、そこでは音楽という肉体的かつ抽象的な普遍言語が、私たちが若者と交わす対話、そして若者同士の絶え間ない対話と合流します。

私たちはこれを政治的なプロジェクトではなく、むしろイスラエル、パレスチナ、アラブ諸国から集まった若者が自由に公然と意見を表明でき、かつ他人の語ることを聞くフォーラムとして考えています。それは必ずしも、他人の語ることを受け入れたり、その物語に賛意を示そうとすることではありません。その正当性を認めることです。私たちが信頼しているのは、絶対に必要とされる二つの政治的意見だけです。

−イスラエル‐パレスチナ間の紛争に、軍事的解決はない。

−イスラエルとパレスチナの民衆の命運は解き難く結びついており、一部の人間が大イスラエルと呼び、もう一方がパレスチナ名づけるその土地には、二つの民が受け入れられねばならない。

WEDOを可能にしたのは音楽であり、それは音楽が言葉の言語とは異なり、語の連想に縛られることがないからです。音楽は、自分と交わらないもの、自分と反対のものを押さえ込むものなど何も存在しないことを教えてくれます。したがって、いかなる要素も完全に独立していることはありません。というのも、関係とはその定義からして相互依存的なものだからです。私は深く信じています。もしも、音楽はいかなる些細な問題も解決する力ももたず、フェルッチョ・ブゾーニが述べたように「鳴り響くそよ風」でしかないとしても、音楽は私たちに考えることを教えてくれる、人生の学校であると。音楽おいて、私たちは主要な主題〔=主体〕のヒエラルキーを理解して受け入れ、対主題〔=反対のもの〕の絶え間ない存在や、時には正拍から外れた〔=反体制的な〕リズムの存在すら受け入れるのです。

「WEDO独立主権共和国」―私の好きな呼称です―では以下のように考えられています。イスラエル‐パレスチナ間の係争に進展をもたらすためには、二陣営それぞれが語り、感性に訴えかけ、また、苦痛を感じようが相手に耳を傾けなければならない。この共和国の多くの市民にとって相手の陣営の苦しみを聞くのは初めてのことですが、そこで避けがたく体験するショックにより、過去や、かくも長い間続くこの苦しみについて考えるよう迫られるのです。

私は、道徳性と戦略は互いに疎外しあうことなどなく、実際のところこの紛争においては手と手を取り合って進むのだと考えるようになりました。もし双方が語ることが両方とも正しく、また双方の民衆の命運は切り離せず、軍事的解決もありえないとしましょう。すると、相手が語ることを受け入れることで、長い目で見れば一方にとって良いことがもう一方にとっても良いことであるという、当然の結論に必然的に至るはずです。これは道徳的結論なのでしょうか、それとも戦略的結論なのでしょうか。私はその両方であると確信しています。

イスラエルはイスラエルが存在する権利を保有することに反論の余地はありません。パレスチナの民衆に正統な主権国家を樹立する権利があることにも反論の余地はありません。イスラエルは安全を確立する必要があります。パレスチナ人には平等と誇りが必要です。そして、イスラエル人とパレスチナ人のみがお互いに相手の必要を満たすことができるのです。イスラエル軍がいくら強力でも、全イスラエル人が望む安全を保障することはできません。イスラエルの安全は長い目で見れば、パレスチナをはじめとする隣国に受け入れられることでしか得られません。今のところ、パレスチナ人に平等と誇りを保障できるのはイスラエルのみです。土地の占領はずっと前に終わっているべき障害なのです。

一方的な決断は破滅的な結果をもたらすことが明らかになりました。直接、間接的な関与による双方の誠実で勇気ある交渉のみが、イスラエル人、パレスチナ人双方の生存可能な条件の母胎となりうるのです。

互いに内向きになってしまっては、問題は深刻になるばかりです。互いに心を開くことこそが解決を可能にするでしょう。人々は私のイニシアティヴに感服していると言いますが、ほとんどの場合、私の素朴さをほのめかすことを忘れはしません。しかし、60年来うまく行ったためしのない軍事的解決案に頼るほうが、よっぽど素朴ではないでしょうか。

今年、WEDOはよりいっそう力をこめて、残忍さと野蛮さに立ち向かいます。多くの善良な市民の存命、また理想と夢の実現が妨げられてきました。過去の教訓は忘れ去られ、まったく理解されていません!本質は時間によって明確になるのみならず、直に影響を受けます。どれだけ時間がたてば、この地域の民衆はこの事実を受け入れ、過去とは現在への経過でしかなく、現在こそ未来へと続いているのだということを思い起こせるのでしょう。また、暴力的で残酷な現在が、さらに残酷で暴力的な未来へと続くことは避けられないのでしょうか。

このオーケストラのメンバーは、どのような出自であれ、勇気と、理解とすばらしい先見の明の持ち主です。

彼らが中東の新たな思考法の開拓者となることを願います。


フランス語版(英語からの翻訳)
http://www.lemonde.fr/web/imprimer_element/0,40-0@2-3232,50-804495,0.html
posted by LT at 14:08| 賛辞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

賛辞

志高き者に幸あれ!

このカテゴリーでは〈音楽〉と〈人道主義〉を直接強く結びつけた芸術活動に敬意を表します。
音楽の数ある側面の中でも、忘れられがちなのが〈政治〉です。いうまでもなく、この高尚な意味での〈政治〉によって古代ギリシアの時代のポリスは運営され、そしてポリスは今日、私たちの星、地球全体に広がりました。
志高き者を称えましょう。彼らこそ芸術の類を見ない社会的役割を理解し、貧困や疎外に抗して、平和、博愛、尊厳、すなわち人類の知性のために確固たる信念を持って働く者なのです。

____________________


Vivent les hommes de bonne volonté !

Cette rubrique veut rendre hommage aux actions artistiques présentant un lien direct et fort entre Musique et Humanitaire.
On oublie parfois l’une des innombrables dimensions de la musique : la Politique, au sens élevé du terme bien évidemment, la Politique mise au service de « la Cité » à l’époque de la Grèce antique, élargie de nos jours à l’ensemble de notre planète Terre.
Louons donc ces hommes (et femmes!) de bonne volonté qui, concients de l’extraordinaire rôle social de l’art, oeuvrent résolument pour la paix, contre la pauvreté et l’exclusion, pour la fraternité et la dignité bref : pour l’intelligence humaine.
posted by LT at 13:39| 賛辞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
_______________________________________


このホームページは教師、音楽家としての私個人の活動、および教育に関する思索、計画などをあくまで個人的に紹介したもので、このサイト内に含まれる諸機関に公式に認定されたホームページではありませんのでご注意ください。
Ce site présente mes diverses activités culturelles, mes enregistrements et publications, mon parcours professionnel, mes idées et conceptions pédagogiques, les projets musicaux que je défends, mes coups de coeur artistiques, le tout à titre exclusivement privé et personnel, merci de ne pas l’oublier !