2007年06月24日

幼少期から小中高校・大学

幼年期から小・中・高校・大学、そして(あるいは)その他の教育機関を終えて、成人期からその先の教育にいたるまでの人間の教育というものは、現代社会の(豊かであってもそうでなくても、またすべての国とすべての混成文明において)最も重要な争点であることは間違いない。
家族単位の危機が増大し、アイデンティティと宗教に対する自覚も希薄になっていく中で、今日の教育が担う使命は、過去におけるよりももっと困難かつ重大になってきているように思われる。私個人は、東京藝術大学の教員として、学生たちのほとんどの問題や怠慢は、狭量で一面的な教育や知識が入学試験に偏りすぎていることに由来していると考えている。
芸術に関する教育についていえば、たとえそれが、創造性を養い、感受性をバランスよく発揮させ、真の美をよりよく感じ、差異を受け入れ、他人を尊重するため、ということにすぎなくても、教育全般の中において、やはり、そのための場所は確保しておかなくてはならないのではないだろうか。
私は、我らの同僚であり指揮者である小林研一郎氏の「どの子も、どの新入生もダイヤモンドのようなものだ」という言葉が好きである。実際、我々は、「真に、汝らに告ぐ」として、どのようにすればいいかを教えたイエス・キリストのようにではなく、「私が知っていることといえば、自分が何も知ってはいないということだ」と説き、学生自身が持てるものを自ら探らせ発揮させた、西洋の集団教育の偉大な創始者であるソクラテスのように、ダイヤモンドを忍耐強く、そして寛容さと気高さをもって、指導していかなくてはならない。

____________________


L’éducation de l’être humain, dès son plus jeune âge jusqu’à la formation continue de l’âge adulte en passant par l’école / le collège / l’université et (ou) autres structures d’enseignement, est sans aucun doute l’enjeu le plus important de nos sociétés, riches ou pauvres, tous pays et toutes civilisations confondues.
La mission de l’enseignant est aujourd’hui plus ardue et paraît même plus cruciale que par le passé, étant donnée la fragilité accrue de la cellule familiale, étant donné le recul constant des prises de conscience identitaire et religieux.
Je constate aussi personnellement, en tant que professeur à Geidai, que presque tous les problèmes, presque toutes les carences de nos étudiants proviennent d’une éducation étroite et simpliste, d’un savoir trop souvent limité aux « épreuves » de nos examens d’entrée.
L’enseignement artistique devrait pourtant avoir toute sa place dans l’éducation de tous, ne serait-ce que pour cultiver sa créativité, pour développer harmonieusement sa sensibilité, pour mieux apprécier la vraie beauté, pour accepter la différence, pour respecter l’autre, etc.
posted by LT at 14:32| 今月の一言 ソルフェージュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
_______________________________________


このホームページは教師、音楽家としての私個人の活動、および教育に関する思索、計画などをあくまで個人的に紹介したもので、このサイト内に含まれる諸機関に公式に認定されたホームページではありませんのでご注意ください。
Ce site présente mes diverses activités culturelles, mes enregistrements et publications, mon parcours professionnel, mes idées et conceptions pédagogiques, les projets musicaux que je défends, mes coups de coeur artistiques, le tout à titre exclusivement privé et personnel, merci de ne pas l’oublier !