2011年05月29日

2011年3月11日東京

3月11日に日本を襲った東日本大震災以降、このブログに何も記しませんでした。

周囲の素晴らしい連帯感、皆の再建築に対する熱意、改めて働く事、日常を取り戻す事、エネルギー政策の見直しや他にも様々なこと。
この様に賢明で責任感があり、果断に運命を制御する国に将来的な信頼を置くと共に、受け入れてもらっていることを幸せに感じています。
日本国民は世界中にの人々に絶えず尊敬の念を抱かせ、愛情を生み、感嘆させているのです。

震災の被災者の方々にお見舞い申し上げ、犠牲となられた方々に心から哀悼の意を表します。
私が代表を務めますアンサンブル室町は2011年7月25日(月)、サントリーホールブルーローズに於いて次公演「元素」を開催するにあたり、本公演のチケット収益の一部を東日本大震災に寄付させて頂くことにしました。

今後、より一層人間的な将来、生物的に自然体で、様々な教訓を自覚し、残したいと願うことを未来の世代に相続出来る様に祈っています。

以下、本年1月4日東京文化会館に於いて開催しましたアンサンブル室町の公演「ポール・クローデルの百扇帖2」の写真を掲載します。
これらの写真が、私たちの愛する人々の混乱と辛い現状を少しでも和らげることができることを願っています。
それこそが芸術、そして音楽の力であり、望みでもあると思うのです。
ローラン・テシュネ


2011_muromachi001.jpg

2011_muromachi002.jpg

2011_muromachi003.jpg

2011_muromachi004.jpg

2011_muromachi005.jpg



____________________




LE 11 MARS 2011, TOKYO.


Depuis toutes les catastrophes du 11 mars dernier qui ont si durement touché le Japon je n’avais rien écrit ici.

L’extraordinaire solidarité ambiante, le courage de tous pour re-construire, re-travailler,
reprendre vie, revoir la politique énergetique et tant d’autres choses liées au court et au long terme
m’ont communiqué foi en l’avenir et bonheur d’être dans un pays d’accueil si responsable,si sage et si résolu à maitriser son destin.

La population japonaise ne cesse en effet, et dans le monde entier, d’inspirer respect, amour et admiration.

L’Ensemble Muromachi, qui donnera son prochain spectacle le 25 juillet au Blue Rose du Suntory hall de Tokyo,
contribuera financièrement à cette solidarité et prie de toute son âme pour les disparus, pour tous ces gens qui
ont tant perdu, pour un avenir proche et lointain plus humain, plus naturellement biologique et conscient
du message et de l’héritage que nous souhaitons tous transmettre à nos futures générations.

Que ces quelques photos, témoignant de notre spectacle du 4 janvier dernier au Tokyo Bunka Kaikan,
contribuent à adoucir la dureté de la vie quotidienne, la pauvreté et le désarroi de tant de gens que nous aimons.
Telles sont aussi la force et l’ambition de l’art et de la musique.

Laurent Teycheney
posted by LT at 19:29| 賛辞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
_______________________________________


このホームページは教師、音楽家としての私個人の活動、および教育に関する思索、計画などをあくまで個人的に紹介したもので、このサイト内に含まれる諸機関に公式に認定されたホームページではありませんのでご注意ください。
Ce site présente mes diverses activités culturelles, mes enregistrements et publications, mon parcours professionnel, mes idées et conceptions pédagogiques, les projets musicaux que je défends, mes coups de coeur artistiques, le tout à titre exclusivement privé et personnel, merci de ne pas l’oublier !