2006年03月20日

古楽ソルフェージュ

2005年4月の新学期から私たちの科(ソルフェージュ)に創設された「バロック・ソルフェージュ」の授業は、すべてのソルフェージュの授業が19世紀にパリのコンセルヴァトワールが課した授業のみをいわばそっくり真似ていた時代が、幸いにも過ぎたことを思い起こさせてくれます。この授業では、以下のことを目標としています。

バロック音楽の専門家が、自身の器楽的実践、声楽的実践と直接的に一貫したソルフェージュを体験する
音楽学者の研究を奨励し、励みとなる
すべての器楽奏者、歌手、指揮者、作曲科、そのほか興味がある人の地平を大きく広げる
私たちの学校と、すでにこの科目を教えている学校、特にヴェルサイユのバロック音楽センターやアメリカのいくつかの音楽大学とのコラボレーション
私たち全員が、何世紀もの歴史あるさまざまなソルフェージュを操り、おそらく人類が作り出した最も創造的で、寛大かつ深遠、また魔術的なもの、芸術、音楽へと進めるようにする

 ここに、古楽専門誌「アントレ」に2006年4月に掲載された記事を再録します。

____________________


◆ Solfège Baroque

 Le cours de « solfège baroque », créé dans notre section (solfège) depuis la rentrée universitaire d’avril 2005, vient rappeler que l’époque où tout l’enseignement solfégique se calquait pour ainsi dire exclusivement sur celui imposé par le Conservatoire de Paris au XIXe siècle est bien heureusement révolue, en permettant :

aux musiciens baroques de vivre un solfège en cohérence directe avec leur pratique instrumentale / vocale,
aux musicologues d’encourager et d’animer leurs recherches,
à tous les instrumentistes, chanteurs, chefs d’orchestre, compositeurs et autres curieux d’élargir sensiblement leur horizon,
à notre institution de collaborer avec, entre autres, le Centre de musique baroque de Versailles et quelques universités musicales américaines qui enseignent déjà cette discipline,
à nous tous de jongler avec les différents solfèges des siècles de l’histoire pour aller vers ce que l’humanité a sans doute produit de plus créatif, de plus généreux, de plus profond et de plus magique : l’art, la musique .
Je reproduis ci–après un article, paru en avril 2006 dans la revue « Entrée », spécialisée dans la musique ancienne.


____________________


◆ 東京芸術大学での新しい試み
〜古楽ソルフェージュ〜初年度授業を終了して

綏前ー徠(チェンバロ奏者�ヒ

先日、橋本英二氏の新刊『バロックから初期古典派までの音楽の奏法(音楽之友社)』の「あとがき」を読んで、やはりアメリカの大学では30年も前からこういう講座が既にあったのか、と羨ましく思ったのは私だけではないだろう。日本でもチエンバロ、トラヴェルソを小学生が始められる時代になった。音楽大学で古楽が専攻できるようになってからかなりの時間も経ち、学生がファクシミリ、古典調律を使って演奏するのも当然になった。しかし、それ以前の段階で必要な「各時代に合った楽譜の読み方講座]は特に存在せず、その必要性に気がついた者や、留学先で必修科目だった、という者だけが学んでいるのが実情だ(それでいいのかもしれないが)。
日本の音大や附属高校で、あるいはその入試のために習う現代の楽典と、モンテヴェルディのそれには当然ながら大差がある。私が5年程前に帰国した時、正直日本の教育の遅れに樗然とした。古楽専攻の卒業生が、ソルミゼーション(それって何ですか?と今だに聞かれるが)はおろか、音律やムジカフィクタの知識も暖昧、自分の演奏する作品の旋法さえよくわからないのが実情だった。そんな折、東京芸術大学のソルフェージュ科から、古楽演奏のための講座を新設したいという話があった。そしてとうとう去年4月に開講の運びとなり、新年度も続行されるので、手前みそながら少々ご紹介させていただきたい。
講座の目的:バロックおよびそれ以前の音楽を演奏する上に必要不可欠な、現代のそれとは大きく異なる「ソルフェージュ 」 の知識、実践。楽譜が表す本来の意味や、音楽の言語的、精神的役割を理解し、具体的に演奏に役立てること。歴史の流れを理解し、古典派以降の音楽を考える上にも重要。1回90分、通年で全20回。
講座内容:去年は以下のテーマを1〜3回ずつで行った。ソルミゼーション、教会旋法、古典音律、通奏低音の誕生、テンポの概念、舞曲のキャラクター、レトリック、リズム変更。それぞれ深い内容のものばかりなので、本来は1主題1期(半年)は是非必要だが、ここでは「入門講座」として各学生が今後どのようにこれらの課題にアプローチしたらよいか、を示すことに主眼を置いた。年度ごとに多少テーマを入れ替える予定。例えば「装飾と即興」「対位法」などが既に学生からリクエストされている。
1年終わってみたところで、常に試行錯誤で表面的なことしかできなかったし、速く進みすぎるという声もあり反省ひとしきり。しかし想像よりはるかに大きな手ごたえを感じた。内容はごく初歩的であり、古楽科の学生であれば初年度中に習っているべきようなことばかりだったが、実際は「初めて聞<内容が多かった」「音楽史の授業で耳にはしていても実践で結びついていない」などの意見が多数だった。私個人としてはピアノや他のモダン楽器専攻の学生にもっと来ていただきたいと思っている。実際指揮科、モダン管楽器などからの聴講も多く、古い音楽に興味をもつ学生が結構多いことは喜ばしかった。
音楽大学の通年授業としては全くささやかな試みではあるが、将来はフランスなどのように、学内でこのような分野の選択科目がもっと増えること、そして教職に既にある者が、国の予算で(外国人の私にもすべて無料だったのだ!これでどんなに勉強したか、今となってはフランス政府には感謝のみである)専門分野の講習を自由に受けられるようなシステムが整うことを願ってやまない。

____________________


◆Nouveau pari à Geidai :
le Solfège Baroque !

par Akiko Kuwagata, claveciniste, chargée de ce cours

 Depuis plus de 30 ans, de tels cours ont lieu pour exemple dans les universités américaines, si j’en crois le dernier chapitre de « L’Interprétation de la musique baroque jusqu’à la musique classique » (Éditions Ongaku–no–tomo).
Jusqu’à aujourd’hui au Japon, si un écolier pouvait entreprendre l’étude du clavecin ou du traverso – depuis quelques décennies des sections « musique baroque » ayant été créées ici et là – l’équivalent de ce cours de « solfège baroque » n’existait curieusement pas.
 Or entre la théorie enseignée dans les universités nipponnes et celle de l’époque de Monteverdi il y a bien évidemment des différences considérables!
En revenant m’installer au Japon, il y a 5 ans, je restai perplexe devant le retard des méthodes d’enseignement à cet égard. Les étudiants, de musique baroque compris, ne connaissaient ni la solmisation, ni la musicaficta, ni le mode de l’oeuvre qu’ils jouaient... C’est, consciente de ces lacunes, que la section solfège de Geidai a décide, pour avril 2005, la création de la classe de « solfège baroque ».

 Objectifs de ce cours : acquisition progressive des connaissances et pratiques indispensables pour l’exécution du répertoire baroque et antérieur / réflexion de l’interprète quant aux multiples sens des manuscrits, leurs dimensions linguistique et spirituelle / compréhension des courants historiques, importante à tout musicien , etc.
 Contenus du cours : solmisation, modes d’églises, tempéraments anciens, basse continue, tempo, caractère des danses, rhétorique, rythme, ornementation, etc.
 Durée et nombre : 20 cours de 90 minutes chacun pour une année.

 La première année de ce cours fut certes un peu tâtonnante, mais les étudiants, issus non seulement de la section baroque mais aussi des sections de direction d’orchestre, d’instruments à vent etc., attentifs et ouverts, m’ont d’emblée encouragé à vivre pleinement notre aventure pédagogique dans un esprit musical.
Je souhaite qu’à l’avenir Geidai puisse s’ouvrir à de multiples autres enseignements, et que le budget de l’État suivra.
Je reste pour ma part infiniment reconnaissante envers le Gouvernement français d’avoir tout appris ... quasi gratuitement!
posted by LT at 03:21| 紹介 東京藝術大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
_______________________________________


このホームページは教師、音楽家としての私個人の活動、および教育に関する思索、計画などをあくまで個人的に紹介したもので、このサイト内に含まれる諸機関に公式に認定されたホームページではありませんのでご注意ください。
Ce site présente mes diverses activités culturelles, mes enregistrements et publications, mon parcours professionnel, mes idées et conceptions pédagogiques, les projets musicaux que je défends, mes coups de coeur artistiques, le tout à titre exclusivement privé et personnel, merci de ne pas l’oublier !