2010年05月05日

2010年5月16日 ムジカーザコンサート「チェンバロ+ビオラ・ダ・ガンバ」

mujica_chirashi.jpg

mujica.jpg


神戸愉樹美さん出会ったのは昭和音楽大学で開催された演奏会で共演をさせていただいた折でした。私にとって大変光栄なことでした。神戸さんは、皆さんもご存知のとおり、音楽的な才能だけでなく、溢れんばかりの教育的センスをもちあわせていらっており、私も心から賞賛するとともに、過去から現代にかけての生きた音楽に対する彼女の情熱あふれる積極的態度に親しみと連帯感を覚えています。
多くの現代の作曲家たちがヴィオラ・ダ・ガンバに関心を寄せているのはひとえに彼女のおかげでしょう。さらに、神戸さんは作曲家たちのために論文も執筆されています。こうして、音楽を聴く皆さんも「古」楽器と言われる楽器による現代音楽に、よりよく親しむことが出来るようになることでしょう。

このムジカーザ(代々木上原)での演奏会では、久木山直の“Linear G”を演奏します。この作品は私たちのために作曲されたものです。ほかにもデヴィッド・ローブ、アラン・ルヴィエ、アントワーヌ・フォルクレ、J-Sバッハ、マティアス・ヴェックマンらの作品を演奏します。

このあらゆる時代の創造を称える私どもの演奏会に、たくさんのみなさまのご来場をお待ちしております。
よろしくおねがいいたします。
http://www.musicasa.co.jp/

_____________________


Concert Musicasa 16 mai 2010
“Clavecin+Viole de Gambe”


J’ai eu la chance et l’honneur de rencontrer Yukimi Kambe dans le cadre d’un concert donné à l’université musicale Showa où nous jouâmes ensemble.

Très sincèrement admiratif, non seulement de son talent musical reconnu de tous, mais aussi de son sens pédagogique extrèmement généreux, je me sens de plus très proche et complètement solidaire de son militantisme artistique chaleureusement mis au service de la Musique vivante d’hier et d’aujourd’hui.

C’est en effet pour une très bonne part grâce à son action que de nombreux compositeurs actuels s’interessent a la Viole de Gambe-elle a d’ailleurs écrit une thèse à leur intention et que par conséquent le public s’initie ainsi mieux à la musique contemporaine sur instruments dits “anciens”.

Pour ce concert au Musicasa de Yoyogi-Uehara nous créerons d’ailleurs “Linear G” que Naoshi Kukiyama a composé pour nous, et interprèterons des oeuvres de David Loeb, Alain Louvier, Antoine Forqueray, Jean-Sebastien Bach et Matthias Weckmann, tout en vous espérant nombreux à vous joindre à nous pour célébrer la créativité humaine de tous les temps.

http://www.musicasa.co.jp/
posted by LT at 16:05| コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
_______________________________________


このホームページは教師、音楽家としての私個人の活動、および教育に関する思索、計画などをあくまで個人的に紹介したもので、このサイト内に含まれる諸機関に公式に認定されたホームページではありませんのでご注意ください。
Ce site présente mes diverses activités culturelles, mes enregistrements et publications, mon parcours professionnel, mes idées et conceptions pédagogiques, les projets musicaux que je défends, mes coups de coeur artistiques, le tout à titre exclusivement privé et personnel, merci de ne pas l’oublier !