2009年02月13日

ロランス・ブレー(1925−2007)に寄せて

チェンバロの名演奏家であり、音楽学者であり、教育家であったロランス・ブレーがひっそりとこの世を去って二年になります。

laurence1.jpg


ブレー女史は1925年1月19日に生まれ。ヴィオラ奏者で師であった父に励まされ、パリのコンセルヴァトワールを、チェンバロをはじめ、和声(モーリス・デュルフレのクラス)、対位法とフーガ(シモーヌ・プレ-コサードのクラス)、音楽学と音楽美学(ロラン・マニュエルとマルセル・ボーフィスのクラス)をそれぞれ修了しました。
ソロ、室内楽の演奏家として、また、古楽再発見の動きが始まる前から古楽の復活に情熱を注いだことで早くから注目される存在であった彼女は、自らの研究と、17〜18世紀のフランス音楽の楽譜を出版します。こうしたことから、音楽学者ノルベール・デュフルクをして、「マレ未亡人」というエレガントなあだ名をもらうほどでした。

laurence2.jpg


また、早くから教育活動も行っており、ブローニュ音楽院で教鞭をとりますが、音楽学の論文「理論家・音楽家の著書を参照にしたフランス音楽の演奏:1687/1789」を書き上げるためにCNRS(フランス国立科学研究機構)に出向することになります。ほかにも、1968年にはパリのコンセルヴァトワールで通奏低音のクラスを設立し、1990年までそこで教鞭をとり、音楽に関するいくつもの講習やセミナーやシンポジウムを絶えず企画し、自らも参加したりしていました。そして、トゥールーズのコンセルヴァトワールで教育者としてのキャリアを全うすることとなりました。

laurence3.jpg


ロランス・ブレーについて、私がまず特に注目したことは、彼女の桁外れの音楽に対する積極的態度と、我々にとっては恩恵となるばかりだった際限のない献身的態度です。
パリのコンセルヴァトワールの古楽部門が承認を受け組織されたのは、他の音楽家やチェンバロ奏者と共に誠実に協力しあうという細やかな精神をもった彼女の情熱的な交渉の腕に負うものであり、そして、演奏会やレコーディングを通して、コンセルヴァトワール博物館(現・シテ・ドゥ・ラ・ミュジークの音楽博物館)の素晴らしい楽器の再評価がなされるようになったのも彼女の才能のおかげなのです。
彼女の演奏を録音したレコードは数多くありますが、特筆すべきは「ルソン・ドゥ・テネブル」とフランソワ・クープランのチェンバロのための作品全集でしょう。

laurence4.jpg


  個人的なことになりますが、私がチェンバロの通奏低音をはじめ、ヴァージナル、プレリュード・ノン・ムズュレ、ジャン・アンリ・ダングルベール、マティアス・ヴェックマンやそのほか、あまり名の知られていない作曲家たちに対して目を開くことが出来たのは、彼女のおかげですし、現代音楽のレパートリーに関する賢明なアドヴァイスを受けたことも、私の記憶の中に深く刻み込まれています。クリストフ・ルーセ、オリヴィエ・ボーモン、イルトン・フジュニスキ、マルティーヌ・シャピュイ、イレーヌ・アサヤグらと共に、当時はパリのローマ通りにあったコンセルヴァトワールのクープラン・ホールで、こうした芸術的な発見と幸福に満ちた時を過ごしたことは決して忘れることはできません。

laurence5.jpg


 ラウル・デュフィの絵筆から生まれ出たような我らが青い服の女史は、私たちひとりひとりの中に生き続けており、私たちが芸術音楽家としての仕事を、誇らしくと偉大なものにすべく挑戦しつづける中で、私たちの肩に手を添えて、人間的、芸術的、音楽的、教育的に支えてくれているのです。

laurence6.jpg


 2008年の8月に、チェンバロ奏者ロール・モラビトが我々に大きな贈り物をくれました。セーヌ河とサン・クルー城公園に面するブローニュのロランス・ブレーの最後のアパルトマンを見学できるという贈り物です。この幸運な機会に、私たちは何枚かの写真を見つけました。
「めぐり逢う青い朝」


____________________



Hommage à Laurence Boulay (1925-2007)

Il y a maintenant deux ans nous quittait, discrètement,
l'éminente claveciniste, musicologue et pédagogue Laurence Boulay.

Née le 19 janvier 1925, elle fut lauréate du Conservatoire de Paris
non seulement en Clavecin, mais aussi en Harmonie ( classe de Maurice
Duruflé), en Contrepoint et Fugue (classe de Simone Plé-Caussade),
en Histoire de la Musique et en Esthetique musicale ( classes de Roland Manuel et Marcel Beaufils ), encouragée de main de maître par son Père, l'altiste et professeur au Conservatoire Robert Boulay .

Remarquée tôt, tant par ses qualités de concertiste en soliste ou chambriste
que par sa passion à faire revivre la Musique ancienne alors en pleine phase
de "pré-re-découverte", elle publie ses recherches et des partitions de Musique
française des XVIIe et XVIIIe, ce qui pour une part lui valut même, de la part du
musicologue Norbert Dufourcq, l'élégant surnom de "La Veuve Marais".
 
Elle enseigne également tôt, au Conservatoire de Boulogne, avant d'être détachée au CNRS afin de réaliser une thèse de Musicologie ("L'interprétation de la musique
française à la lumière des écrits des théoriciens et des musiciens: 1687/1789"),
puis crée la classe de Basse Continue au Conservatoire de Paris en 1968 dont elle est professeur jusqu'en 1990, avant de terminer sa carrière de pédagogue au Conservatoire de Toulouse, tout en ne cessant d'organiser voire de participer à de nombreux  stages, séminaires et colloques musicaux.

Ce qui m'a plus particulièrement marqué d'emblée chez Laurence, c'est son militantisme musical forcené et son don de soi quasi sans limite dont nous tous avons tant bénéficié.

C'est en effet à son acharnement diplomatique que le Conservatoire de Paris doit d'avoir reconnu et structuré son Département de Musique ancienne, à sa finesse d'esprit d'avoir collaboré loyalement  avec ses collègues musiciens et clavecinistes, à son talent qu'ont été "remis en valeur" les merveilleux instruments du Musée du Conservatoire (l'actuel Musée de la Cité de la Musique) de par ses concerts et enregistrements.

Sa discographie compte de nombreuses références, dont les "Leçons de Ténèbres" et l'intégrale de l'oeuvre pour clavecin de François Couperin.
 
Plus personnellement, je lui dois la découverte de la Basse continue au Clavecin, du Virginal, des préludes non mesurés, de Jean-Henry d'Anglebert, de Mathias Weckman et de nombreux autres parfois anonymes, ses conseils avisés concernant le répertoire contemporain me restent gravés également en mémoire, et comment oublier tous ces moments de découverte et bonheur artistiques vécus ensemble, avec notamment Christophe Rousset, Olivier Baumont, Ilton Wjunisky, Martine Chappuis, Irène Assayag, en cette salle Couperin du Conservatoire de Paris alors situé rue de Rome?

Notre Demoiselle en bleu, comme émergée des pinceaux d'un Raoul Dufy, continue de vivre ainsi à l'intérieur de chacun de nous en nous épaulant humainement, artistiquement, musicalement et pédagogiquement dans tous ces défis qui font de notre métier d'artiste musicien l'honneur et la grandeur.

Au mois d'Août 2008, la claveciniste Laure Morabito nous a fait l'immense cadeau de visiter le dernier appartement de Laurence Boulay, à Boulogne
face à la Seine et au Parc du Château de Saint-Cloud, nous avons retrouvé à cette heureuse occasion quelques photos:
"Tous les matins bleus du Monde"...
posted by LT at 11:52| 今月の一言 ソルフェージュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
_______________________________________


このホームページは教師、音楽家としての私個人の活動、および教育に関する思索、計画などをあくまで個人的に紹介したもので、このサイト内に含まれる諸機関に公式に認定されたホームページではありませんのでご注意ください。
Ce site présente mes diverses activités culturelles, mes enregistrements et publications, mon parcours professionnel, mes idées et conceptions pédagogiques, les projets musicaux que je défends, mes coups de coeur artistiques, le tout à titre exclusivement privé et personnel, merci de ne pas l’oublier !